2009年02月19日

Quotation of the day

"This plan will not save every home, but it will give millions of families resigned to financial ruin a chance to rebuild."

New York Times の今日の言葉です。
resignの使い方が勉強になりました。

大統領制と議院内閣制の違いもありましょうが、経済対策を矢継ぎ早に出すオバマ政権に比べると、やはり麻生内閣は見劣りはなはだしい。

政治家の質とか前提とかが、根本的に違うような…。
posted by せるしん at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日特筆すべきこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

ヒラリーさんがやってきた

クリントン国務長官の最初の外遊先が日本だったからと言って、単純に喜んでるおバカな日本人はいるでしょうか。いろんな要求を突きつけてくるんでしょうね。日本のあと韓国、中国、インドネシアにも行くそうですが、インドネシアに行くのはオバマ大統領が昔住んでいた国であることと、世界最大のイスラム人口を抱える国だから、重視しているんですね。

http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=100349621

さらーっと訳出
posted by せるしん at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

世界的な失業率の悪化

アメリカ発の金融危機によって、世界中で失業率は悪化の一途。

政権に執着することしか考えていない、どこやらの国の総理大臣とちがって、アイスランドでは失業率に国民が怒ったので、首相はあわてて選挙を前倒ししたそうです。

海外ではこんな情勢なのに、この国の総理大臣は小学生相手に、"May I have your name? "。そうじゃないでしょってば。秋葉原にこち亀に、どこやらの商店街・・・。その手でまだ人気回復ができるなんて勘違いしているんじゃないでしょうね。

アメリカの景気対策のうち減税分にあてているのは、日本の定額給付金とやらいうものの10倍。

政治家も官僚も危機感ないし、国民もおとなしい。

もっと怒れ! 年金問題に天下り、なまぬるい経済対策。
こんな政府は転覆されたっておかしくない。

ま、麻生政権も風前のともしびですが。

Job Losses Pose a Threat to Stability Worldwide

記事の要約
posted by せるしん at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

金の切れ目が・・・

昨日はヴァレンタインデーだったからというわけでもないですが、今日はこんな記事。

Matchmakers find business booming on Wall Street

私の従姉も結婚相手を探しています。40過ぎてバツイチ。2年ほど前に夫がタイ人女性との間に子供をつくってしまったのが離婚の原因。そんな辛い思いをしても、まだ懲りずに再婚したいと思っています。私も結婚して20年近くなりますが、時々ひとり身の自由にあこがれることもあります。だから、晴れて離婚できた従姉が、それでもまだ結婚を希望する気持ちがちょっと理解できません。いざひとりになってみたら、また気持ちも変わるものなのでしょうけど。


記事の要約
posted by せるしん at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

ダーウィン

2月12日はダーウィンの誕生日だったそうです。ちょうど今年で200年。

The Origin of Darwin

アメリカでは町ぐるみで進化論を否定するところがあるといった記事を読んだことがあります。また、科学者で進化論に疑問を唱える人もいるといった記事を読んだこともあります。ちょっと私には興味ある分野なんですが、あまりにも不勉強で知らないことばかりです。

ほとんど訳出に近い要約
posted by せるしん at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

Fresh Start

春節も過ぎたことなので、また気分一新ブログを再開しようと思います。

語学学習は毎日の積み重ね。

学ぶことは必ずしもお金を稼ぐことにはつながらないけど、学ばなければ暗黒の闇。

生き甲斐は金銭的見返りだけでは得られない。

今のご時世、こんなことを言っていられる私は特権階級かもしれないけれど、一冊の本に書かれた一行の言葉がひと塊のパンと同じくらい生きる力を与えてくれることもある。

人間はカラダとアタマがあって初めて人間です。

さあ、ブログの中の私、『せるしん』。よろしくね。
posted by せるしん at 21:58| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日特筆すべきこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。