2009年02月16日

世界的な失業率の悪化

アメリカ発の金融危機によって、世界中で失業率は悪化の一途。

政権に執着することしか考えていない、どこやらの国の総理大臣とちがって、アイスランドでは失業率に国民が怒ったので、首相はあわてて選挙を前倒ししたそうです。

海外ではこんな情勢なのに、この国の総理大臣は小学生相手に、"May I have your name? "。そうじゃないでしょってば。秋葉原にこち亀に、どこやらの商店街・・・。その手でまだ人気回復ができるなんて勘違いしているんじゃないでしょうね。

アメリカの景気対策のうち減税分にあてているのは、日本の定額給付金とやらいうものの10倍。

政治家も官僚も危機感ないし、国民もおとなしい。

もっと怒れ! 年金問題に天下り、なまぬるい経済対策。
こんな政府は転覆されたっておかしくない。

ま、麻生政権も風前のともしびですが。

Job Losses Pose a Threat to Stability Worldwide

記事の要約
posted by せるしん at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。