2009年09月23日

Another trial

After a week of hard working, I've got a strong urge to poish up my own English abilities.

There has been a long interval since the last time I listened to English-learning medea, practiced taking notes and eye-translation, and got deep into grammatical studies. Now, I'm not sure it's fortunate or unfortunate that I don't have a steady job. But anyway, I have a lot of time, which allows me to do whatever I want to do, or which can be easily wasted.

During the past five years I spent in Hokkaido, I was sufferd from severe depression. The disease often tempted me to destroy myself and robbed me of meaning of my life. I badly struggled and survived anyhow. I've got back myself, and got back to Osaka where I was born.

Time is precious as I get older. Some might say I am too old to seek a prefessional career, others might say there's no such a thing that is too late to be started. I don't know which is the right view for me to adopt. But I cannnot affort any choice to make because I have little time to fulfill my life, which means I should take up the latter view and do whatever I can do.

As long as I live, I try to be better than myself. That is what life is about.

posted by せるしん at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日特筆すべきこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

民主党圧勝…ニューヨークタイムズの社説

次はニューヨークタイムズの社説。なんかワシントンポストより優しい視線を感じます。やはり、オバマ政権の政策に影響のありそうなことに関心が高いみたい。

Japan's New Leadership

It took Japan decades, but voters finally got fed up with the entrenched ruling clique and threw it out of office. The landslide election victory for the Democratic Party of Japan was the worst defeat for the rival Liberal Democratic Party in more than 50 years. We hope this stunning rout presages the end of economic decline and political stagnation, but that will take real leadership, not just trading one group of politicians for another.

(何十年もかかった。しかし有権者はついにマンネリ化した与党集団に愛想をつかし政権から引きずり下ろした。民主党に地滑り的勝利をもたらした選挙は50年以上の歴史の中で最悪の敗北だった。我々はこの驚くべき敗北によって経済の落ち目と政治の低迷に終止符を打つことができると希望したい。しかしそれには真のリーダーシップが必要だ。単なるある政治集団から別の政治集団への取り換えではだめなのだ。)

The first challenge is getting the economy out of its worsening crisis. Japan, crippled by recession throughout the 1990s, is about to lose its standing as the world’s second-largest economy, to China. The economy, projected to contract 6 percent this year, is among the world’s worst performers.

(まず悪化する危機的状態から経済を救うことが課題である。1990年代を通しての景気後退が足かせとなって世界第2位の経済大国としての地位を中国に譲りつつある。今年は6%の収縮が予想される日本経済は世界でも最悪である。)

Although constrained by a public debt approaching 100 percent of its gross domestic product and a fiscal deficit hovering around 10 percent of G.D.P., Japan needs to do more to stimulate domestic demand — to deal with the immediate emergency and diminish its historical dependence on exports as an economic engine. This requires maintaining fiscal stimulus. It also requires a longer-term strategy that encourages spending by Japanese households. The Democrats’ plans do not yet amount to a strategy that could rebalance the economy and put it on a path of domestically focused growth.

(GDPに匹敵する勢いの国の借金とGDPの10%あたりをうろうろしている財政赤字に手足を取られているというのに、日本は内需刺激策をもっととる必要に迫られている。つまり、差し迫った緊急事態に対処しながら伝統的な輸出依存型経済を改めることが必要なのだ。それには財政刺激策と取り続けなければならない。また、消費刺激のための長期的な戦略も求められる。民主党の計画はまだ経済のバランスを取りなおし内需主導型の経済成長に載せていけるような戦略にまとめあがっていない。)

Yukio Hatoyama, who is expected to be the next prime minister, wants a more equal alliance with the United States. Some of his policy proposals are reasonable, but others are cause for concern. We are eager to hear more details. The United States needs a responsible strategic partner committed to a strengthened alliance.

(次の総理大臣になる鳩山由起夫氏はもっと対等なアメリカとの同盟関係を求めている。彼の政策には理にかなったものもあるが懸念されるものもある。もっと詳しく彼の政策を聞きたいと我々は切に思う。アメリカは責任と戦略をもった外交相手に対し同盟強化に取り組んでもらいたいのだ。)

One concern: Mr. Hatoyama’s suggestion that Japan not renew the mandate for its ships on a refueling mission in the Indian Ocean in support of United States military operations in Afghanistan. President Obama is implementing a new Afghan strategy. Japan should continue its risk-free mission, at least through next spring.

(懸念材料の一つは、鳩山氏がアフガニスタンで展開しているアメリカ軍へのインド洋での日本の給油活動に対する指令を更新しないと述べていることだ。オバマ大統領は新しいアフガン戦略を実行に移しているところだ。日本はこの何の危険もない活動を少なくとも来春までは続けるべきだ。)

One good sign: Mr. Hatoyama’s pledge not to visit the Yasukuni Shrine, a symbol of Japan’s wartime past. Visits by some of his predecessors stirred damaging tensions with China and South Korea.

(良い兆候として、鳩山氏は靖国神社を参拝しないと約束している。靖国神社は戦前の日本の軍国主義のシンボルであった。過去に総理大臣が参拝したことで中国と韓国との関係が悪化する騒ぎとなったことが何度かあった。)

Some wonder if the Liberal Democratic Party can survive this loss. We hope it — or some successor — does. Every democracy needs a vigorous and responsible opposition to give voters a choice — just like the Democratic Party finally gave the voters in this election.

(自民党はこの敗北にも存在の危機に立たされないのかと思う人もいるだろう。我々は自民党が別の党に生まれ変わるとしても、生き残ってほしいと思う。民主主義では必ず元気と責任ある野党が有権者に対し別の選択肢を示せなければならないのだ。ちょうど民主党がついにこの選挙で有権者に示せたように。)

(2009年9月2日)
posted by せるしん at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党圧勝…ワシントンポストの社説

Washington PostとThe New York Timesの社説から

…ちょ〜っと高飛車でやな感じの論調。いやしかし、訳者の解釈がまちがっているのかもしれない…。ちょっとした日本語の匙加減で優しい論調にも皮肉っぽい論調にもできるものです。ただオンナのカンで筆者は日本に冷ややかな人という印象を持った。

Shake-Up in Japan

THERE CAN BE no democracy without political competition: For that reason alone, the landslide victory by the Democratic Party of Japan (DPJ) in Sunday's national election is cause for celebration.

(政権争いのない民主主義などありえない。つまりそういう理由だけでも日曜の総選挙での民主党の圧勝は祝賀に値する)

The DPJ defeated the Liberal Democratic Party (LDP), which had ruled Japan with only 11 months of interruption since 1955. Japan under the LDP was hardly a dictatorship, but its political machine and its unelected allies in the bureaucracy had run out of ideas and energy. Japan's once-dynamic economy has been in stagnation pretty much since 1989. With its falling birthrate, even Japan's population of 125 million is not only aging but actually shrinking.

(民主は自民を負かした。自民は1955年以来たった11カ月間の細川政権を除いてずっと政権与党であった。与党自民党の日本は独裁とは言い難いがその政治機関と国民から選挙で選ばれることのない自民党の相棒、つまり官僚はアイデアもエネルギーも尽きてしまった。かつて強かった日本経済は1989年以来かなり低迷したままだ。出産率の低下により、1億2500万の日本人は高齢化だけでなく人口減少という事態に陥っている。)

Can the Democratic Party of Japan, a mix of former LDP politicians, ex-socialists and civic activists, succeed where the LDP has failed? One irony of the party's reform message is that its behind-the-scenes leader is Ichiro Ozawa, a former LDP boss with a knack for power politics. Yet its proposed governance reforms, such as transferring budget authority from bureaucrats to elected officials, could make Japanese policymaking more transparent.

(民主党は自民党、社会党、市民活動家の寄り合い所帯である。こんな政党が自民党ができなかったことをできるのか?民主の改革への訴えを見てひとつ皮肉なことには、影の党首である小沢一郎がかつて力の政治を心得た自民党の重鎮だったことだ。それでも予算編成の権限を官僚から公選職である内閣に移行しようと言ったような民主の政治運営改革案は日本の政策決定を透明化することだろう。)

Japan needs further restructuring of an economy that depends heavily on exports to support less-efficient sectors such as construction and agriculture. Greater reliance on domestic demand would help both hard-pressed Japanese families and the United States, insofar as such a policy might reduce Japan's trade surplus: The DPJ has several pro-consumption proposals, from lower highway tolls to increased support for couples with children.

(日本は過度に輸出に依存した経済をもっと再構築して効率の悪い建設業や農業などを支援する必要がある。もっと内需依存型の経済になれば苦しい日本人の家庭のお財布事情も助かるしアメリカも助かる。まあ、日本の貿易黒字が抑えられればの話であるが。)

Alas, the party has been less clear about how it will pay for these goodies, no small omission given that the national debt is already almost twice Japan's gross domestic product. Unfortunately, too, the DPJ bought the votes of Japan's farmers with promises of money and protection.

(ところが悲しいかな民主党はどうやってこういった美味しい話に予算を付けていくのかについては歯切れがよくない。国の借金がすでにGDPの倍近くになっていることを考えると、見過ごせる話ではない。それに困ったことには民主党は金と保護の約束と引き換えに農家の票を買ったのだ。)

The LDP stood for close U.S.-Japan relations, while Yukio Hatoyama, the inexperienced politician who leads the DPJ and will probably be Japan's next prime minister, has called for a more Asia-centered foreign policy, sometimes dressing this up with assaults on American "market fundamentalism" and other ills of globalization.

(自民党は緊密な日米関係を重視したが、民主党党首で次期総理大臣となる鳩山は経験の浅い政治家ながら、もっとアジア重視の外交政策を打ち出し、時にはアメリカの「市場原理主義」やグローバル化の弊害を攻撃することでアジア重視を強調している。)

There will no doubt be room for negotiation with the Obama administration, perhaps over such issues as the basing of U.S. Marines in Okinawa. But the threat of a nuclear North Korea makes Japan's neighborhood too dangerous, we think, for the government in Tokyo to seek a rupture with Washington or for the Obama administration to let one develop.

(沖縄のアメリカ海兵隊基地のような問題をめぐってはオバマ政権と交渉の余地があるのは間違いないだろう。しかし北朝鮮の核の脅威で日本の近隣は危険すぎる状態になっているのに、日本政府がアメリカ政府との関係を壊している場合ではないし、オバマ政権もこれを放置している場合ではない。)

(2009年9月2日)
posted by せるしん at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選挙とインターネット

選挙期間中候補者はネットのサイトを閉じなければいけないそうで…。こんなに便利に候補者のことがわかる方法ってないんじゃないかと思うのに、残念です。

選挙ポスターは掲示板がいたるところにたくさんあり過ぎて、全部に貼ってまわることはできないし、選挙カーはただ名前の連呼だけでうるさい。街頭演説は忙しいとじっくり耳を傾けられない。政見放送は型通りでつまらない。普段テレビでやっている政治家同士の大討論がいちばんおもしろい。

今日もまたエコノミストから。

Young swingers

MANY campaign posters for Japan’s general election on August 30th print the candidate’s name in hiragana, a rudimentary, phonetic script first taught to children, rather than the formal kanji. This is in part to appeal to younger voters who are so disaffected by politics that they would probably not be familiar with a candidate’s written name—but might recognise how it sounds.

(訳出:8月30日に行われる総選挙の候補者のポスタ―の多くは名前を漢字ではなくひらがなで表記している。子供が学校で最初にならう初歩的な文字だ。政治に無関心で候補者の名前になじみがないんものの耳で覚えているような若い有権者の心を掴むためだ。

(中略)

These flighty voters, referred to as yawarakai hoshu-so, or “flexible conservatives”, are the kingmakers of Japanese politics. Typically in their 30s, they are university-educated, middle-class, prefer stability to big changes and do not care much about politics. Shigeru Inaida, who is responsible for opinion polling at Kyodo, a Japanese news agency, notes that they tend to vote as a block, and can sway the outcome of elections. They played a large part both in the landslide victory in 2005 of Junichiro Koizumi, a former prime minister, and the LDP’s upper-house defeat two years later.

(訳出:「やわらかい保守層」と呼ばれているこの浮動層は日本の政界のドンである。大卒で中流層の30代ではことに大きな変化より安定を好みあまり政治には関心がない。共同通信の世論調査担当の稲田氏によれば、彼らは固まって同じ投票傾向に傾きやすく、選挙の結果を左右する。小泉元首相の2005年の選挙での地滑り的勝利もその2年後の参院選での自民党の惨敗も彼らの票が大きく結果を左右した。)

Their opinions fluctuate wildly, but they can be decisive (see chart).
(訳出:浮動層の世論は大きく変化するが決定的な要素を持つ。)

(中略)

The lesson for the 2009 election is that winning the flexicons is crucial. To this end, the DPJ has put forward youthful, telegenic candidates; typical LDP candidates are in their late 60s and have little to say on matters affecting younger voters.

(訳出:今回の選挙ではこの浮動層がカギを握るということが教訓となるだろう。彼らの票の獲得のため、民主党は若くテレビ受けの良い候補者を立てている。というのも自民党の候補者はたいてい60代後半で若い有権者に関係する事柄にはあまりもの申さないのである。)

That strategy has its attractions too. The elderly vote in greater numbers than the young. In the 2005 election, the turnout of voters in their 60s was 83%, far higher than among those in their 30s (around 60%) and 20s (a modest 46%). And winning the flexicon vote is difficult. A defining characteristic, after all, is a lack of interest in politics. But Yutaka Oishi of Keio University argues that many also feel that if they are to bother voting, they should at least back a winner. So their biggest impact is to re-inforce front-runners, turning close victories into landslides. This may explain why the DPJ’s lead has widened just before the election: the flexicon herd is migrating.

(訳出:その戦略は目を引くものでもある。高齢者は若年層より圧倒的に投票所に行く人が多い。2005年の選挙では60代の投票率は83%だったのに対し、30代は60%で20代はまあまあの46%。しかし浮動票を得るのは難しい。結局のところ、政治にインターネットが使えないということが決定的だ。しかし慶応大学の大石氏はわざわざ選挙に行くのであれば少なくとも勝ちそうな候補に投票するだろうと述べる。つまり、浮動層の票は有力候補をさらにテコ入れし、接戦になったはずの選挙が圧倒的な勝利になってしまうような影響力が最も考えられるのである。こう考えると選挙の直前になって民主党が自民党を引き離している理由がわかる。浮動票の群れは渡り鳥のように移動するのだ。)

A ban on internet campaigning during the election hardly helps woo young voters. Some DPJ politicians claim it is a way for the LDP to thwart the opposition, which enjoys more support from younger, wired voters. And Japan, an ageing society, badly needs the energy and ideas the young could bring to politics. Their influence may, in fact, be undercounted: telephone surveys call fixed-line phones, and younger people tend to own only mobiles.

(訳出:ネットでの選挙活動が禁止されていることで若年有権者へ支持を訴えることは難しくなっている。こうすることで自民党が野党の選挙活動を腰砕けにさせていると主張する民主党議員もいる。というのも野党の方が若年層でネットにつながっている有権者から支持を得ているからだ。高齢化ニッポンは若者が政治にエネルギーとアイデアを吹き込むことをひどく必要としている。実際彼らの影響力は過小評価されている。テレビの世論調査は固定電話のみに電話をかけるが若者はケータイしか持たない者が多い。)


(2009年8月28日)
posted by せるしん at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国の将来像は?

今回の選挙は有権者の意識が高く投票率も高くなりそうですが、外国のメディアがどのように日本の選挙を伝えているかも興味深いです。今日はエコノミストの記事を読みました。
Railing against the wrong enemy

自由市場資本主義(←直訳です)に対し自民・民主ともに批判的で、小泉改革が後退することを懸念しているような論調です。英米資本主義にならってきた改革の弊害が目立ってきて、日本人はそれはいけないと旧来の日本式経営への回帰願望があるのでしょうか。日本が英米と同じシステムを採用すれば英米の資本主義は商売がやりやすいから、小泉改革には拍手喝采。でも、日本の派遣労働者が野垂れ死にしても彼らは何の痛みも感じないでしょう。なんでもかんでも英米を見習うことありませんよね。でもそれなら、政治家はしっかりとした将来のビジョンを示せなければ。以下、記事の抜粋と私の拙訳です。

Mr Koizumi is playing a big role in this election too. He is not on the ballot, after shamelessly betraying his own anti-dynastic principles by bequeathing the right to run for his seat to his son. But he still looms large—these days, as a target for both Mr Hatoyama and Mr Aso. Both men appear more intent on laying into his legacy of free-market reforms, though some predated his rule from 2001-06, than on attacking each other. They blame his removal of a ban on temporary workers in manufacturing for soaring inequality and high rates of poverty in a country that used to pride itself on being almost universally middle-class. But neither has come up with a very convincing alternative.

(訳出:小泉氏もまたこの選挙で一役買っている。立候補はしないものの恥ずかしげもなく自らの反世襲主義を翻して息子に同じ選挙区の議席への立候補をさせるのだ。しかし小泉氏の存在はこのところ大きくなっている。というのも鳩山・麻生両氏の攻撃の的となっているのだ。両氏は互いに対する攻撃よりむしろ、小泉氏が成し遂げた改革を攻撃するのにますます躍起になっているようだ。小泉政権は2001年から2006年に遡るのであるが。両氏は小泉政権が製造業への労働者派遣を解禁したことで格差が増大し国民総中流社会を誇っていたのに貧困率が高くなったと批判した。しかし両者ともに説得力ある代替案を提起してはいない。)

In an article this month, Mr Hatoyama railed against American-led “market fundamentalism” that, he said, the LDP had embraced since Mr Koizumi’s leadership. But his alternative is a mushy-sounding concept, yuai, that mixes up the Chinese characters for friendship and love. He calls it fraternity, and says it means that activities such as agriculture—already under Fort Knox-like protection in Japan—will not be left “at the mercy of the tides of globalism”. Mr Aso has likewise pledged to break with “excessive market fundamentalism”.

(訳出:今月の記事で、鳩山氏はアメリカ主導の「市場原理主義」に反対し、小泉政権以来自民党はこれを容認してきたと述べた。しかし鳩山氏の示す代替案は感傷的な響きをもつ観念「友愛」である。「友愛」とは友情と愛を示す漢字を組み合わせたものである。彼はそれを助け合いと呼び、農業のような活動は「グローバリズムの波の思うままにまかせてはいけない」と言う。しかし日本の農業はすでに頑強な保護のもとに置かれている。麻生氏も同様に「行きすぎた市場原理主義」に歯止めをかけると約束している。)

Such views have helped shape both parties’ manifestos. The DPJ’s policy platform, for instance, proposes undoing one of the main Koizumi reforms by banning the use of temporary labour in manufacturing. It also wants to raise minimum-wage levels. Exporters fighting for business in China deplore both policies. Yet analysts say Mr Hatoyama, who at a recent press conference asked an aide to field questions on economics, will have little influence on—or even interest in—economic policy. Also, an upper-house election is due in 2010. This may limit the DPJ’s ambitions; its priority is likely to be restructuring the civil service, where it can most easily score political points.

(訳出:両党のマニフェストはこのような見解から生まれたのだ。たとえば民主党の政策綱領を見ると、製造業への労働者派遣を禁じて小泉政権の改革の目玉を元に戻そうとしている、。また最低賃金の引き上げを求めている。中国市場で競争にしのぎを削っている輸出企業はこの二つの政策について憂慮している。しかし、鳩山氏は最近の記者会見で経済に関する記者からの質問には側近に答えさせた。こんな鳩山氏が経済政策に影響力、あるいは興味でさえ持つことはほとんどないだろうと専門家は述べている。また2010年には参院選挙をひかえており、民主党の野心的な政策には足かせとなるだろう。民主党の優先課題は市民サービスの改革となりそうだ。というのもこういうことなら最も簡単に点数稼ぎができるからだ。)


(2009年8月28日)
posted by せるしん at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本当の政権交代って…

NYTimes を読んでいると日本の選挙の話題が出ていた。After Decades, Japan Prepares for Likely New Ruling Party
いよいよ政権交代だろうか。記事から興味ある部分を抜粋した。

Ever since Japan’s emergence as a modern state more than a century ago, political parties have tended to be a sideshow to the real business of running the country, which has been left to bureaucrats. It has not helped that Japan, despite being East Asia’s oldest representative political system, never seized democracy through a popular uprising, as in neighboring South Korea.

(訳出:日本が近代国家として歩みだした100年以上前からずっと、政党は国の統治の脇役であることが多く、代わりに主役を担ってきたのは官僚だった。東アジアで最も早く議会制民主主義を採り入れた国だが、隣国の韓国のように民衆運動により民主主義を勝ち得た歴史がないというのはどうしようもない。)

Instead, its modern constitutions and parliamentary systems were bestowed from above, first by samurai reformers in the name of the emperor in the late 19th century, and then by American occupiers after defeat in World War II.

(訳出:近代憲法と議会制度は民衆の力でもぎ取ったものではなく、上から与えられたものだった。まず19世紀後半に天皇の名の下に行われた明治維新。そして戦後のアメリカ占領統治によって与えられた。)

The result has been a politically apathetic public. Now, political analysts say the biggest significance of a Democratic Party victory would be demonstrating to Japanese voters that they can actually shape the direction of their nation.

(訳出:そのため日本人は政治に無関心だ。民主党の勝利の持つ一番大きな意義とは、有権者が自分たちで国の方向を決めることが本当にできるんだということがわかることだ。)

“Just having choice will bring a huge, huge change in the political culture of Japan,” said Gerald Curtis, a professor of Japanese politics at Columbia University. “This is a country that has great potential. What it has lacked is leadership, and politicians who can paint a picture of what a bright future looks like.”

(訳出:コロンビア大学日本政治研究科のジェラルド・カーティス教授曰く、「選択肢があるということだけで、日本の政治風土は大きく大きく変わるでしょう。大きな可能性を持った国であるがリーダーシップに日本は欠けている。明るい未来とはどんなものかを描ける政治家がいないのです。」)

The Democrats claim they can paint just such a picture. But they face an uphill battle.

(訳出:民主党はそのような未来像が描けると言っているが戦いは厳しい。)

Reining in the bureaucracy means taking on an elite group of top achievers in Japan that actually writes laws and has served as a permanent government — even though it has come under fire for failing to combat the long downturn. Politicians’ past efforts to wrest control from bureaucrats have usually failed, in part because they have traditionally been looked down upon as self-interested and corrupt.

(訳出:官僚を支配下に置こうとすると日本のエリート中のエリートと対決することになる。長引く経済低迷の責任を問われることはあっても、このエリートたちが実際に法案を書き永遠に政権交代することのない影の政府として機能しているのだ。過去に官僚から実権をもぎ取ろうとした政治家はたいてい失敗している。その失敗の原因のひとつは政治家自身が自己利益を追求し腐敗しているとして見下げられていることだ。)


昔教職の勉強をしていたときに、明治のエリート教育で大切だったのは独創性や判断力ではなく、上司から言われたことを間違いなく正確に成し遂げられる人材を育てることだったと本で読んだことがあります。明治時代の主権者は天皇だったから、官僚は決まったことや命令されたことを正確にできる能力が求められたんですね。その長い伝統を今なお維持しているのでしょうか。主権者が国民になっても国民の代表者たる国会議員の言うことに誠実に従ってくれないのでは困りますね。民主党の敵は自民党よりむしろ官僚だとでも言いたいようなNYTimesの記事でした。


(2009年8月26日)
posted by せるしん at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。