2009年09月22日

選挙とインターネット

選挙期間中候補者はネットのサイトを閉じなければいけないそうで…。こんなに便利に候補者のことがわかる方法ってないんじゃないかと思うのに、残念です。

選挙ポスターは掲示板がいたるところにたくさんあり過ぎて、全部に貼ってまわることはできないし、選挙カーはただ名前の連呼だけでうるさい。街頭演説は忙しいとじっくり耳を傾けられない。政見放送は型通りでつまらない。普段テレビでやっている政治家同士の大討論がいちばんおもしろい。

今日もまたエコノミストから。

Young swingers

MANY campaign posters for Japan’s general election on August 30th print the candidate’s name in hiragana, a rudimentary, phonetic script first taught to children, rather than the formal kanji. This is in part to appeal to younger voters who are so disaffected by politics that they would probably not be familiar with a candidate’s written name—but might recognise how it sounds.

(訳出:8月30日に行われる総選挙の候補者のポスタ―の多くは名前を漢字ではなくひらがなで表記している。子供が学校で最初にならう初歩的な文字だ。政治に無関心で候補者の名前になじみがないんものの耳で覚えているような若い有権者の心を掴むためだ。

(中略)

These flighty voters, referred to as yawarakai hoshu-so, or “flexible conservatives”, are the kingmakers of Japanese politics. Typically in their 30s, they are university-educated, middle-class, prefer stability to big changes and do not care much about politics. Shigeru Inaida, who is responsible for opinion polling at Kyodo, a Japanese news agency, notes that they tend to vote as a block, and can sway the outcome of elections. They played a large part both in the landslide victory in 2005 of Junichiro Koizumi, a former prime minister, and the LDP’s upper-house defeat two years later.

(訳出:「やわらかい保守層」と呼ばれているこの浮動層は日本の政界のドンである。大卒で中流層の30代ではことに大きな変化より安定を好みあまり政治には関心がない。共同通信の世論調査担当の稲田氏によれば、彼らは固まって同じ投票傾向に傾きやすく、選挙の結果を左右する。小泉元首相の2005年の選挙での地滑り的勝利もその2年後の参院選での自民党の惨敗も彼らの票が大きく結果を左右した。)

Their opinions fluctuate wildly, but they can be decisive (see chart).
(訳出:浮動層の世論は大きく変化するが決定的な要素を持つ。)

(中略)

The lesson for the 2009 election is that winning the flexicons is crucial. To this end, the DPJ has put forward youthful, telegenic candidates; typical LDP candidates are in their late 60s and have little to say on matters affecting younger voters.

(訳出:今回の選挙ではこの浮動層がカギを握るということが教訓となるだろう。彼らの票の獲得のため、民主党は若くテレビ受けの良い候補者を立てている。というのも自民党の候補者はたいてい60代後半で若い有権者に関係する事柄にはあまりもの申さないのである。)

That strategy has its attractions too. The elderly vote in greater numbers than the young. In the 2005 election, the turnout of voters in their 60s was 83%, far higher than among those in their 30s (around 60%) and 20s (a modest 46%). And winning the flexicon vote is difficult. A defining characteristic, after all, is a lack of interest in politics. But Yutaka Oishi of Keio University argues that many also feel that if they are to bother voting, they should at least back a winner. So their biggest impact is to re-inforce front-runners, turning close victories into landslides. This may explain why the DPJ’s lead has widened just before the election: the flexicon herd is migrating.

(訳出:その戦略は目を引くものでもある。高齢者は若年層より圧倒的に投票所に行く人が多い。2005年の選挙では60代の投票率は83%だったのに対し、30代は60%で20代はまあまあの46%。しかし浮動票を得るのは難しい。結局のところ、政治にインターネットが使えないということが決定的だ。しかし慶応大学の大石氏はわざわざ選挙に行くのであれば少なくとも勝ちそうな候補に投票するだろうと述べる。つまり、浮動層の票は有力候補をさらにテコ入れし、接戦になったはずの選挙が圧倒的な勝利になってしまうような影響力が最も考えられるのである。こう考えると選挙の直前になって民主党が自民党を引き離している理由がわかる。浮動票の群れは渡り鳥のように移動するのだ。)

A ban on internet campaigning during the election hardly helps woo young voters. Some DPJ politicians claim it is a way for the LDP to thwart the opposition, which enjoys more support from younger, wired voters. And Japan, an ageing society, badly needs the energy and ideas the young could bring to politics. Their influence may, in fact, be undercounted: telephone surveys call fixed-line phones, and younger people tend to own only mobiles.

(訳出:ネットでの選挙活動が禁止されていることで若年有権者へ支持を訴えることは難しくなっている。こうすることで自民党が野党の選挙活動を腰砕けにさせていると主張する民主党議員もいる。というのも野党の方が若年層でネットにつながっている有権者から支持を得ているからだ。高齢化ニッポンは若者が政治にエネルギーとアイデアを吹き込むことをひどく必要としている。実際彼らの影響力は過小評価されている。テレビの世論調査は固定電話のみに電話をかけるが若者はケータイしか持たない者が多い。)


(2009年8月28日)
posted by せるしん at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。