2009年09月22日

民主党圧勝…ワシントンポストの社説

Washington PostとThe New York Timesの社説から

…ちょ〜っと高飛車でやな感じの論調。いやしかし、訳者の解釈がまちがっているのかもしれない…。ちょっとした日本語の匙加減で優しい論調にも皮肉っぽい論調にもできるものです。ただオンナのカンで筆者は日本に冷ややかな人という印象を持った。

Shake-Up in Japan

THERE CAN BE no democracy without political competition: For that reason alone, the landslide victory by the Democratic Party of Japan (DPJ) in Sunday's national election is cause for celebration.

(政権争いのない民主主義などありえない。つまりそういう理由だけでも日曜の総選挙での民主党の圧勝は祝賀に値する)

The DPJ defeated the Liberal Democratic Party (LDP), which had ruled Japan with only 11 months of interruption since 1955. Japan under the LDP was hardly a dictatorship, but its political machine and its unelected allies in the bureaucracy had run out of ideas and energy. Japan's once-dynamic economy has been in stagnation pretty much since 1989. With its falling birthrate, even Japan's population of 125 million is not only aging but actually shrinking.

(民主は自民を負かした。自民は1955年以来たった11カ月間の細川政権を除いてずっと政権与党であった。与党自民党の日本は独裁とは言い難いがその政治機関と国民から選挙で選ばれることのない自民党の相棒、つまり官僚はアイデアもエネルギーも尽きてしまった。かつて強かった日本経済は1989年以来かなり低迷したままだ。出産率の低下により、1億2500万の日本人は高齢化だけでなく人口減少という事態に陥っている。)

Can the Democratic Party of Japan, a mix of former LDP politicians, ex-socialists and civic activists, succeed where the LDP has failed? One irony of the party's reform message is that its behind-the-scenes leader is Ichiro Ozawa, a former LDP boss with a knack for power politics. Yet its proposed governance reforms, such as transferring budget authority from bureaucrats to elected officials, could make Japanese policymaking more transparent.

(民主党は自民党、社会党、市民活動家の寄り合い所帯である。こんな政党が自民党ができなかったことをできるのか?民主の改革への訴えを見てひとつ皮肉なことには、影の党首である小沢一郎がかつて力の政治を心得た自民党の重鎮だったことだ。それでも予算編成の権限を官僚から公選職である内閣に移行しようと言ったような民主の政治運営改革案は日本の政策決定を透明化することだろう。)

Japan needs further restructuring of an economy that depends heavily on exports to support less-efficient sectors such as construction and agriculture. Greater reliance on domestic demand would help both hard-pressed Japanese families and the United States, insofar as such a policy might reduce Japan's trade surplus: The DPJ has several pro-consumption proposals, from lower highway tolls to increased support for couples with children.

(日本は過度に輸出に依存した経済をもっと再構築して効率の悪い建設業や農業などを支援する必要がある。もっと内需依存型の経済になれば苦しい日本人の家庭のお財布事情も助かるしアメリカも助かる。まあ、日本の貿易黒字が抑えられればの話であるが。)

Alas, the party has been less clear about how it will pay for these goodies, no small omission given that the national debt is already almost twice Japan's gross domestic product. Unfortunately, too, the DPJ bought the votes of Japan's farmers with promises of money and protection.

(ところが悲しいかな民主党はどうやってこういった美味しい話に予算を付けていくのかについては歯切れがよくない。国の借金がすでにGDPの倍近くになっていることを考えると、見過ごせる話ではない。それに困ったことには民主党は金と保護の約束と引き換えに農家の票を買ったのだ。)

The LDP stood for close U.S.-Japan relations, while Yukio Hatoyama, the inexperienced politician who leads the DPJ and will probably be Japan's next prime minister, has called for a more Asia-centered foreign policy, sometimes dressing this up with assaults on American "market fundamentalism" and other ills of globalization.

(自民党は緊密な日米関係を重視したが、民主党党首で次期総理大臣となる鳩山は経験の浅い政治家ながら、もっとアジア重視の外交政策を打ち出し、時にはアメリカの「市場原理主義」やグローバル化の弊害を攻撃することでアジア重視を強調している。)

There will no doubt be room for negotiation with the Obama administration, perhaps over such issues as the basing of U.S. Marines in Okinawa. But the threat of a nuclear North Korea makes Japan's neighborhood too dangerous, we think, for the government in Tokyo to seek a rupture with Washington or for the Obama administration to let one develop.

(沖縄のアメリカ海兵隊基地のような問題をめぐってはオバマ政権と交渉の余地があるのは間違いないだろう。しかし北朝鮮の核の脅威で日本の近隣は危険すぎる状態になっているのに、日本政府がアメリカ政府との関係を壊している場合ではないし、オバマ政権もこれを放置している場合ではない。)

(2009年9月2日)
posted by せるしん at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。