2009年09月22日

民主党圧勝…ニューヨークタイムズの社説

次はニューヨークタイムズの社説。なんかワシントンポストより優しい視線を感じます。やはり、オバマ政権の政策に影響のありそうなことに関心が高いみたい。

Japan's New Leadership

It took Japan decades, but voters finally got fed up with the entrenched ruling clique and threw it out of office. The landslide election victory for the Democratic Party of Japan was the worst defeat for the rival Liberal Democratic Party in more than 50 years. We hope this stunning rout presages the end of economic decline and political stagnation, but that will take real leadership, not just trading one group of politicians for another.

(何十年もかかった。しかし有権者はついにマンネリ化した与党集団に愛想をつかし政権から引きずり下ろした。民主党に地滑り的勝利をもたらした選挙は50年以上の歴史の中で最悪の敗北だった。我々はこの驚くべき敗北によって経済の落ち目と政治の低迷に終止符を打つことができると希望したい。しかしそれには真のリーダーシップが必要だ。単なるある政治集団から別の政治集団への取り換えではだめなのだ。)

The first challenge is getting the economy out of its worsening crisis. Japan, crippled by recession throughout the 1990s, is about to lose its standing as the world’s second-largest economy, to China. The economy, projected to contract 6 percent this year, is among the world’s worst performers.

(まず悪化する危機的状態から経済を救うことが課題である。1990年代を通しての景気後退が足かせとなって世界第2位の経済大国としての地位を中国に譲りつつある。今年は6%の収縮が予想される日本経済は世界でも最悪である。)

Although constrained by a public debt approaching 100 percent of its gross domestic product and a fiscal deficit hovering around 10 percent of G.D.P., Japan needs to do more to stimulate domestic demand — to deal with the immediate emergency and diminish its historical dependence on exports as an economic engine. This requires maintaining fiscal stimulus. It also requires a longer-term strategy that encourages spending by Japanese households. The Democrats’ plans do not yet amount to a strategy that could rebalance the economy and put it on a path of domestically focused growth.

(GDPに匹敵する勢いの国の借金とGDPの10%あたりをうろうろしている財政赤字に手足を取られているというのに、日本は内需刺激策をもっととる必要に迫られている。つまり、差し迫った緊急事態に対処しながら伝統的な輸出依存型経済を改めることが必要なのだ。それには財政刺激策と取り続けなければならない。また、消費刺激のための長期的な戦略も求められる。民主党の計画はまだ経済のバランスを取りなおし内需主導型の経済成長に載せていけるような戦略にまとめあがっていない。)

Yukio Hatoyama, who is expected to be the next prime minister, wants a more equal alliance with the United States. Some of his policy proposals are reasonable, but others are cause for concern. We are eager to hear more details. The United States needs a responsible strategic partner committed to a strengthened alliance.

(次の総理大臣になる鳩山由起夫氏はもっと対等なアメリカとの同盟関係を求めている。彼の政策には理にかなったものもあるが懸念されるものもある。もっと詳しく彼の政策を聞きたいと我々は切に思う。アメリカは責任と戦略をもった外交相手に対し同盟強化に取り組んでもらいたいのだ。)

One concern: Mr. Hatoyama’s suggestion that Japan not renew the mandate for its ships on a refueling mission in the Indian Ocean in support of United States military operations in Afghanistan. President Obama is implementing a new Afghan strategy. Japan should continue its risk-free mission, at least through next spring.

(懸念材料の一つは、鳩山氏がアフガニスタンで展開しているアメリカ軍へのインド洋での日本の給油活動に対する指令を更新しないと述べていることだ。オバマ大統領は新しいアフガン戦略を実行に移しているところだ。日本はこの何の危険もない活動を少なくとも来春までは続けるべきだ。)

One good sign: Mr. Hatoyama’s pledge not to visit the Yasukuni Shrine, a symbol of Japan’s wartime past. Visits by some of his predecessors stirred damaging tensions with China and South Korea.

(良い兆候として、鳩山氏は靖国神社を参拝しないと約束している。靖国神社は戦前の日本の軍国主義のシンボルであった。過去に総理大臣が参拝したことで中国と韓国との関係が悪化する騒ぎとなったことが何度かあった。)

Some wonder if the Liberal Democratic Party can survive this loss. We hope it — or some successor — does. Every democracy needs a vigorous and responsible opposition to give voters a choice — just like the Democratic Party finally gave the voters in this election.

(自民党はこの敗北にも存在の危機に立たされないのかと思う人もいるだろう。我々は自民党が別の党に生まれ変わるとしても、生き残ってほしいと思う。民主主義では必ず元気と責任ある野党が有権者に対し別の選択肢を示せなければならないのだ。ちょうど民主党がついにこの選挙で有権者に示せたように。)

(2009年9月2日)
posted by せるしん at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128597159
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。