2010年01月23日

"脱官僚"に対する検察官僚の免疫反応?

政治と金の問題って、自民党の専売特許だったのに、その自民党の議員さんが国会で厳しく追及している。

お母さんはゆきちゃんにもくにちゃんにも、同じようにお小遣いあげたんじゃなかったんでしたっけ。

西松建設からお金もらってたらしい議員さん、もう一人いましたよね。

今日はニューヨーク・タイムズ。

Japan Stalls as Leader Are Jolted by Old Guard

今までの政治スキャンダルと異なり、今回の小沢氏の問題は新しい改革派リーダーと戦後の最も強大な権力機関である検察との戦いの様相を呈している。小沢氏だけではなく、日本の腐敗を一掃してくれるとして支持されてきたエリート小集団である検察の巨大な権力に対し批判が集まっている。

検察は何か別のものになってしまっていないかという疑問が上がっている。検察は日本の現状維持の守護者で、強大な権力を有したいていは不透明な官僚機構で、昨夏自民党を破った後小沢氏は政治の支配下に置くのだと約束したものだ。

元検事で現在名城大学の教員である郷原のぶお氏は、これは挑戦から身を守るために官僚組織が反撃しているのだと述べる。

週末の小沢氏側近の逮捕劇は、鳩山首相の献金問題に続き、民主党リーダーへの一連の捜査の最新の動きであうる。しかし民主党はそれに応戦した。検察への政治的権力を持つ鳩山首相が小沢氏への支持を表明したので波紋が一層広まった。後に鳩山氏は捜査への権力行使はしないと明言したが国民からの反発は免れない。それでも、民主党が検察に抵抗するのを受け、学者や一部メディアは民主党が官僚主導から政治主導への脱却を掲げるため、検察は攻撃しているのだと批判する。小沢氏に対してよりむしろ検察当局による民主党だけを標的にした捜査であるとして検察を批判する専門家もいる。検察は日本の戦後の既存権力に挑戦する者には厳しく、身内には甘いのだ。

このような疑念は昨年初めより持たれていた。別の政治資金問題で小沢氏は選挙直前に民主党党首の地位を辞任した。他にも自民党の議員の名前がこの西松建設問題に関連して挙げられていたが検察は捜査しなかった。

そして今回の政治資金問題である。繰り返し小沢氏が標的にされるのは、検察が日本の既存権力にとってのいわば免疫機能として働いているのだという説もある。与党の財布のひもをほぼ完全に握って過剰な権力を蓄えていることを脅威に感じた検察官僚が行動に出ているというのだ。

また一方で、1970年代の小沢氏の自民党時代のボスである田中角栄首相の逮捕にまで遡る説もある。小沢氏が去年特別な党委員会を組織し首相に対し検察への統制を強めることを求めたので、小沢氏が検察に対し優位に立とうとしているのではないかと検察がおそれたというのだ。検察は小沢氏が日本を彼個人の帝国にしてしまおうとしているのではないかと恐れていると慶応大学の小林よしあき氏は述べる。

党委員会の(?)議論のなかで2600人の検事に対する異例の公的調査について話し合われた。日本では検察官はアメリカや他の西側民主主義国家と違い力なのである。検察庁は捜査対象になる人物の選定する権利を有するだけでなく、逮捕し起訴前数週間にわたって拘留する権利も有しており、事実上、警察、検事総長、まだ判事を一つにしたような権力を持っているのだ。

検察官は司法試験に合格した若い司法修習生から引き抜かれる。被疑者の事務所や自宅を突然捜索するのがお馴染の光景で、硬い表情で濃い色のスーツに身を包み、数分前に捜索について耳打ちされた記者やカメラマンの前を意を決した表情で通り過ぎていく。

実際検察官は大きなニュースメディアとの緊密な関係を歓迎しており、それが小沢氏の報道を積極的にしているのだと、メディア関係者は言う。ニュース報道はお決まりのように検察からのリーク情報に基づき、こうして土地に投資をして隠そうそしていると検察が考えている4億円の詳細が明らかになる。またお決まりのように、このネガティブな報道により世論が反小沢的になり、多くの人をして小沢氏は金の出所について十分説明していないと言わしめる。怒った民主党は検察のリークによる報道の偏りについて調査する議員チームを発足した。

元検事である郷原氏は言う。「今回の問題によって、新政権がどれほど大きな波を起こしているかがわかる。そしてまた古い体制がどのように抵抗するかがわかる。」
posted by せるしん at 02:12| ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。