2009年09月22日

国の将来像は?

今回の選挙は有権者の意識が高く投票率も高くなりそうですが、外国のメディアがどのように日本の選挙を伝えているかも興味深いです。今日はエコノミストの記事を読みました。
Railing against the wrong enemy

自由市場資本主義(←直訳です)に対し自民・民主ともに批判的で、小泉改革が後退することを懸念しているような論調です。英米資本主義にならってきた改革の弊害が目立ってきて、日本人はそれはいけないと旧来の日本式経営への回帰願望があるのでしょうか。日本が英米と同じシステムを採用すれば英米の資本主義は商売がやりやすいから、小泉改革には拍手喝采。でも、日本の派遣労働者が野垂れ死にしても彼らは何の痛みも感じないでしょう。なんでもかんでも英米を見習うことありませんよね。でもそれなら、政治家はしっかりとした将来のビジョンを示せなければ。以下、記事の抜粋と私の拙訳です。

Mr Koizumi is playing a big role in this election too. He is not on the ballot, after shamelessly betraying his own anti-dynastic principles by bequeathing the right to run for his seat to his son. But he still looms large—these days, as a target for both Mr Hatoyama and Mr Aso. Both men appear more intent on laying into his legacy of free-market reforms, though some predated his rule from 2001-06, than on attacking each other. They blame his removal of a ban on temporary workers in manufacturing for soaring inequality and high rates of poverty in a country that used to pride itself on being almost universally middle-class. But neither has come up with a very convincing alternative.

(訳出:小泉氏もまたこの選挙で一役買っている。立候補はしないものの恥ずかしげもなく自らの反世襲主義を翻して息子に同じ選挙区の議席への立候補をさせるのだ。しかし小泉氏の存在はこのところ大きくなっている。というのも鳩山・麻生両氏の攻撃の的となっているのだ。両氏は互いに対する攻撃よりむしろ、小泉氏が成し遂げた改革を攻撃するのにますます躍起になっているようだ。小泉政権は2001年から2006年に遡るのであるが。両氏は小泉政権が製造業への労働者派遣を解禁したことで格差が増大し国民総中流社会を誇っていたのに貧困率が高くなったと批判した。しかし両者ともに説得力ある代替案を提起してはいない。)

In an article this month, Mr Hatoyama railed against American-led “market fundamentalism” that, he said, the LDP had embraced since Mr Koizumi’s leadership. But his alternative is a mushy-sounding concept, yuai, that mixes up the Chinese characters for friendship and love. He calls it fraternity, and says it means that activities such as agriculture—already under Fort Knox-like protection in Japan—will not be left “at the mercy of the tides of globalism”. Mr Aso has likewise pledged to break with “excessive market fundamentalism”.

(訳出:今月の記事で、鳩山氏はアメリカ主導の「市場原理主義」に反対し、小泉政権以来自民党はこれを容認してきたと述べた。しかし鳩山氏の示す代替案は感傷的な響きをもつ観念「友愛」である。「友愛」とは友情と愛を示す漢字を組み合わせたものである。彼はそれを助け合いと呼び、農業のような活動は「グローバリズムの波の思うままにまかせてはいけない」と言う。しかし日本の農業はすでに頑強な保護のもとに置かれている。麻生氏も同様に「行きすぎた市場原理主義」に歯止めをかけると約束している。)

Such views have helped shape both parties’ manifestos. The DPJ’s policy platform, for instance, proposes undoing one of the main Koizumi reforms by banning the use of temporary labour in manufacturing. It also wants to raise minimum-wage levels. Exporters fighting for business in China deplore both policies. Yet analysts say Mr Hatoyama, who at a recent press conference asked an aide to field questions on economics, will have little influence on—or even interest in—economic policy. Also, an upper-house election is due in 2010. This may limit the DPJ’s ambitions; its priority is likely to be restructuring the civil service, where it can most easily score political points.

(訳出:両党のマニフェストはこのような見解から生まれたのだ。たとえば民主党の政策綱領を見ると、製造業への労働者派遣を禁じて小泉政権の改革の目玉を元に戻そうとしている、。また最低賃金の引き上げを求めている。中国市場で競争にしのぎを削っている輸出企業はこの二つの政策について憂慮している。しかし、鳩山氏は最近の記者会見で経済に関する記者からの質問には側近に答えさせた。こんな鳩山氏が経済政策に影響力、あるいは興味でさえ持つことはほとんどないだろうと専門家は述べている。また2010年には参院選挙をひかえており、民主党の野心的な政策には足かせとなるだろう。民主党の優先課題は市民サービスの改革となりそうだ。というのもこういうことなら最も簡単に点数稼ぎができるからだ。)


(2009年8月28日)
posted by せるしん at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本当の政権交代って…

NYTimes を読んでいると日本の選挙の話題が出ていた。After Decades, Japan Prepares for Likely New Ruling Party
いよいよ政権交代だろうか。記事から興味ある部分を抜粋した。

Ever since Japan’s emergence as a modern state more than a century ago, political parties have tended to be a sideshow to the real business of running the country, which has been left to bureaucrats. It has not helped that Japan, despite being East Asia’s oldest representative political system, never seized democracy through a popular uprising, as in neighboring South Korea.

(訳出:日本が近代国家として歩みだした100年以上前からずっと、政党は国の統治の脇役であることが多く、代わりに主役を担ってきたのは官僚だった。東アジアで最も早く議会制民主主義を採り入れた国だが、隣国の韓国のように民衆運動により民主主義を勝ち得た歴史がないというのはどうしようもない。)

Instead, its modern constitutions and parliamentary systems were bestowed from above, first by samurai reformers in the name of the emperor in the late 19th century, and then by American occupiers after defeat in World War II.

(訳出:近代憲法と議会制度は民衆の力でもぎ取ったものではなく、上から与えられたものだった。まず19世紀後半に天皇の名の下に行われた明治維新。そして戦後のアメリカ占領統治によって与えられた。)

The result has been a politically apathetic public. Now, political analysts say the biggest significance of a Democratic Party victory would be demonstrating to Japanese voters that they can actually shape the direction of their nation.

(訳出:そのため日本人は政治に無関心だ。民主党の勝利の持つ一番大きな意義とは、有権者が自分たちで国の方向を決めることが本当にできるんだということがわかることだ。)

“Just having choice will bring a huge, huge change in the political culture of Japan,” said Gerald Curtis, a professor of Japanese politics at Columbia University. “This is a country that has great potential. What it has lacked is leadership, and politicians who can paint a picture of what a bright future looks like.”

(訳出:コロンビア大学日本政治研究科のジェラルド・カーティス教授曰く、「選択肢があるということだけで、日本の政治風土は大きく大きく変わるでしょう。大きな可能性を持った国であるがリーダーシップに日本は欠けている。明るい未来とはどんなものかを描ける政治家がいないのです。」)

The Democrats claim they can paint just such a picture. But they face an uphill battle.

(訳出:民主党はそのような未来像が描けると言っているが戦いは厳しい。)

Reining in the bureaucracy means taking on an elite group of top achievers in Japan that actually writes laws and has served as a permanent government — even though it has come under fire for failing to combat the long downturn. Politicians’ past efforts to wrest control from bureaucrats have usually failed, in part because they have traditionally been looked down upon as self-interested and corrupt.

(訳出:官僚を支配下に置こうとすると日本のエリート中のエリートと対決することになる。長引く経済低迷の責任を問われることはあっても、このエリートたちが実際に法案を書き永遠に政権交代することのない影の政府として機能しているのだ。過去に官僚から実権をもぎ取ろうとした政治家はたいてい失敗している。その失敗の原因のひとつは政治家自身が自己利益を追求し腐敗しているとして見下げられていることだ。)


昔教職の勉強をしていたときに、明治のエリート教育で大切だったのは独創性や判断力ではなく、上司から言われたことを間違いなく正確に成し遂げられる人材を育てることだったと本で読んだことがあります。明治時代の主権者は天皇だったから、官僚は決まったことや命令されたことを正確にできる能力が求められたんですね。その長い伝統を今なお維持しているのでしょうか。主権者が国民になっても国民の代表者たる国会議員の言うことに誠実に従ってくれないのでは困りますね。民主党の敵は自民党よりむしろ官僚だとでも言いたいようなNYTimesの記事でした。


(2009年8月26日)
posted by せるしん at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

Quotation of the day

"This plan will not save every home, but it will give millions of families resigned to financial ruin a chance to rebuild."

New York Times の今日の言葉です。
resignの使い方が勉強になりました。

大統領制と議院内閣制の違いもありましょうが、経済対策を矢継ぎ早に出すオバマ政権に比べると、やはり麻生内閣は見劣りはなはだしい。

政治家の質とか前提とかが、根本的に違うような…。
posted by せるしん at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日特筆すべきこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

ヒラリーさんがやってきた

クリントン国務長官の最初の外遊先が日本だったからと言って、単純に喜んでるおバカな日本人はいるでしょうか。いろんな要求を突きつけてくるんでしょうね。日本のあと韓国、中国、インドネシアにも行くそうですが、インドネシアに行くのはオバマ大統領が昔住んでいた国であることと、世界最大のイスラム人口を抱える国だから、重視しているんですね。

http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=100349621

さらーっと訳出
posted by せるしん at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

世界的な失業率の悪化

アメリカ発の金融危機によって、世界中で失業率は悪化の一途。

政権に執着することしか考えていない、どこやらの国の総理大臣とちがって、アイスランドでは失業率に国民が怒ったので、首相はあわてて選挙を前倒ししたそうです。

海外ではこんな情勢なのに、この国の総理大臣は小学生相手に、"May I have your name? "。そうじゃないでしょってば。秋葉原にこち亀に、どこやらの商店街・・・。その手でまだ人気回復ができるなんて勘違いしているんじゃないでしょうね。

アメリカの景気対策のうち減税分にあてているのは、日本の定額給付金とやらいうものの10倍。

政治家も官僚も危機感ないし、国民もおとなしい。

もっと怒れ! 年金問題に天下り、なまぬるい経済対策。
こんな政府は転覆されたっておかしくない。

ま、麻生政権も風前のともしびですが。

Job Losses Pose a Threat to Stability Worldwide

記事の要約
posted by せるしん at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

金の切れ目が・・・

昨日はヴァレンタインデーだったからというわけでもないですが、今日はこんな記事。

Matchmakers find business booming on Wall Street

私の従姉も結婚相手を探しています。40過ぎてバツイチ。2年ほど前に夫がタイ人女性との間に子供をつくってしまったのが離婚の原因。そんな辛い思いをしても、まだ懲りずに再婚したいと思っています。私も結婚して20年近くなりますが、時々ひとり身の自由にあこがれることもあります。だから、晴れて離婚できた従姉が、それでもまだ結婚を希望する気持ちがちょっと理解できません。いざひとりになってみたら、また気持ちも変わるものなのでしょうけど。


記事の要約
posted by せるしん at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

ダーウィン

2月12日はダーウィンの誕生日だったそうです。ちょうど今年で200年。

The Origin of Darwin

アメリカでは町ぐるみで進化論を否定するところがあるといった記事を読んだことがあります。また、科学者で進化論に疑問を唱える人もいるといった記事を読んだこともあります。ちょっと私には興味ある分野なんですが、あまりにも不勉強で知らないことばかりです。

ほとんど訳出に近い要約
posted by せるしん at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

Fresh Start

春節も過ぎたことなので、また気分一新ブログを再開しようと思います。

語学学習は毎日の積み重ね。

学ぶことは必ずしもお金を稼ぐことにはつながらないけど、学ばなければ暗黒の闇。

生き甲斐は金銭的見返りだけでは得られない。

今のご時世、こんなことを言っていられる私は特権階級かもしれないけれど、一冊の本に書かれた一行の言葉がひと塊のパンと同じくらい生きる力を与えてくれることもある。

人間はカラダとアタマがあって初めて人間です。

さあ、ブログの中の私、『せるしん』。よろしくね。
posted by せるしん at 21:58| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日特筆すべきこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。